心療内科・精神科 まつうらクリニック
ご家族が受診へ導く大切さ

患者さんは、精神的な不調を抱え、気分の変動や不安感、それに伴う身体的な不調にも悩まされています。そのような時はうまく対処することができず、ますます不調が悪化する悪循環に陥ってしまうこともまれなことではありません。このような状況をご家族だけで抱えることはとても大変なことです。専門家の助けが必要と思われたら、受診に導くことは大切なことです。

ご家族の対応としては、まずは家族の方は患者さんの苦しい気持ちを受け止めて聞くことが本人にとっては助けとなるものです。介入的な話し方や患者さんの気持ちや問題解決法を否定するような形ではなく、まずは受け止めるような対応が好ましいです。

しかし、患者さんは病状や気持ちの混乱などの影響から、非常に感情的になったり周囲へ攻撃的な言葉をかけてしまったりといった行動がでてくる場合もあります。家族にとっては辛いことですが、すぐにそれに反応して行動せず、患者さんが落ち着いてから家族の思いをフィードバックするように、少し待ってあげるようなことも必要なことがあります。

このように、精神的に不調な方のご家族も、間接的に苦しい思いを抱えることとなり、対応に苦慮したり、今後に不安を感じたり、どうしたらよいかわからず困惑して混乱してしまう、なんとか本人を治してあげないといけないと問題を抱え込み、焦ってしまう等ということもあります。この結果、ご家族自身が精神的な不調を抱えるようになってしまうこともあるでしょう。

このような時は、やはり家族だけで解決しようとせず、本人とも話し合って専門家の意見を聞いてみようと促し、保健福祉関係のセンターなど公的な機関に相談したり、心療内科や精神科などへの受診を促したり、社会的な資源を活用して支援を得ることで、ご本人の病状の苦痛のみならず、ご家族の不安も解消していけることが重要です。

時には、本人の言う苦しみの内容が家族には理解しかねることであったり、辻褄が合わないと感じたり、怠けているだけだからもっと頑張れと励ましたく感じてしまうこともあると思います。しかしそのような気持ちは一旦横に置いて、まずはご本人の気持ちを受け止め、汲みとり、どんな思いをしているのかと本人の立場で考えを巡らしてみることでご本人の気持ちを共有してみることが信頼関係を紡いでいくうえで大切なことです。

また、常に家族の方が精神的にそばにいて見守ってくれている、寄り添ってくれていることで患者さんも安心されます。これらを積極的に態度などで伝えるようにしていくこともご本人の安心感、拠り所となるものです。

pagetop